スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Ubuntu8.10 で Willcom AIR-EDGE
2008 / 11 / 05 ( Wed )
わたしは携帯電話にWillcomAdvanced/W-ZERO3[es]を使っているのですが、この電話、通信モジュールだけとりだしてパソコンの通信用に使用できます。
DELL mini9を買ったついでに、パソコン接続用のユニット?DD?(WS002IN)をオークションにて安価で落札して手に入れました。

前のエントリー
で書いたとおり、mini9はUbuntu専用マシンになっているので今回書くのはUbuntu用の設定方法です。

まず、接続用のソフトウェア gnome-ppp を 「Synapticパッケージマネージャー」を使ってインストールします。
次に、メニューの インターネット→GNOME PPP でgnome-pppを起動します。

gnome-ppp

AIR-EDGEの接続には対応しているプロバイダと契約する必要があるのですが、WillcomはPRINという専用のプロバイダを用意しており契約手続き無しに使用することが出来ます(ただし料金は従量制。1分ごとに料金が加算されます。上限1500円まで)。今回はこのPRINでの設定例です。
あと電話の契約コースによっては通信自体に料金がかかることがあります。十分ご注意を。

プロバイダPRINのアクセスポイントとID,パスワードの設定はこちら
まず上記画面でUsernameとPasswordに「prin」を入力し、PhoneNumberに「0570-570-711##64」を入力します。
次に、Setupボタンを押して、設定ダイアログを開きます。
Deviceに「/dev/ttyUSB0」を入力、Typeを「USB MODEM」、Speedを「115200bps」、そして一番下の「Wait Dial Tone」にチェックをつけます。

gnome-ppp setup1

まだ設定は終わっていません。中程にある「Init Strings...」ボタンを押しモデムの初期化コマンドを入力します。
Init2: AT
Init3: ATE0V1&D2&C1S0=0
Init4: ATX4\V1\X1

この設定は下記サイトを参考にさせていただきました。


モデムの初期化コマンド設定が終わったらダイアログを閉じて、もう少し設定します。
もとの設定ダイアログの「Options」タブを選択して、その中の「Ignore terminal strings (stupid mode)」のチェックをONにします。

gnome-ppp setup3

これでようやく設定終わり。
あとは最初の画面に戻って、「Connect」ボタンを押すだけ・・・のはずだったのですが、なぜかダイアルせずに終了していまいます。

ネットで検索してみると、gnome-pppはダイアルコマンドに L0 という文字列が入っており、これがモデムでエラーになっているそうです。しかも、この文字列プログラムの中に埋め込まれており外すことが出来ません。

どうしようかと思ってたら解決されてる方がおられました。

どう解決しているかというと、電話番号の先頭に一文字削除の制御文字 ^H を4つ並べて問題の文字列を消してしまおうという強引な方法です。これは思いつかなかった(笑)
gnome-pppの設定ファイルは、 /home/xxxx/.wvdial.conf にあります(「.」で始まる隠しファイルです。xxxはログイン名)。これを制御コマンドが入力できるエディタ(viなど)で無理矢理修正します。
やりかたを書くのが面倒なので、できたファイルを置いておきます wvdialconf.txt 。ファイル名を .wvdial.conf に変えて使ってください。

gnome-ppp 3

ようやくこれで準備OK。
Connectボタンを押して接続します。

(2009.03.03 追記)
久々に試してみたら接続できなくなっていました・・・ 原因を探った所、PPP関係の実行、設定ファイルのパーミッション(許可)が一般ユーザー不許可になってました。
アクセサリ→端末 を起動して、下記のコマンドを入力した所動きました(この追記もAIR Edge経由で行っています)

sudo chmod o+x /usr/sbin/pppd
sudo chmod 777 /etc/ppp/pap-secrets
sudo chmod 777 /etc/ppp/peers
sudo chmod 777 /etc/ppp/chap-secrets
(上記コマンドを入力するとパスワードを求められるのでログイン時のパスワードを入れてください)

[2009/03/10追記]
上記設定後、LANに接続出来なくなった場合は、
sudo chmod o-x /usr/sbin/pppd
を実行してみてください。
理由が分からないのですが、LANまで無理矢理 PPP 接続しようとするみたいです。

スポンサーサイト
22 : 36 | コンピュータ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ヒートテック | ホーム | DELL mini9 で Ubuntu8.10>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://water20.blog2.fc2.com/tb.php/368-b9358230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。