スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Vado Central の使い方(その2)
2009 / 02 / 08 ( Sun )
(その1)からの続きです。

今度は、動画を編集してみましょう。
動画の先頭や最後に余計な物が写ってしまうというのは良くありますね。
Vado Central では、カット編集が出来ます。

まず、編集したい動画を選んで再生を行います。
解りやすいように、再生モードの画面に説明を加えてみました。

vado central

今回は、カット編集なので右下のハサミマークのボタンを押します。
するとカット編集モードに替わります。

vado central

画像では中央が真っ暗なのですが、実際はここに動画が表示されています。
再生ボタンの上にあるバーの上下に白いマークが表示されています。
このマークをマウスの左ボタンを押しながら動かし、切り出す箇所を指定します。
上の白マークが開始点、下の白マークが終了点です。
切り出す場所が決まったら、その右にあるフロッピーマークのボタンを押すと、動画をパソコン側のフォルダへ保存します。

保存した動画は、画面左下のフォルダ切り替えボタンを押すと確認出来ます。
パソコン側のフォルダは 「マイ ドキュメント」の下の「Vado Folder」です(ユーザーが変更可能)。
vado HD 内のファイルと同様に、再生やYouTubeへのアップロードが行えます。



最後に「ムービーの編集」の説明を。左上の左から3つ目のボタンです。
この機能は、動画、静止画、音楽をあらかじめ用意されているスタイルに合わせて自動編集してくれます。
市販の動画編集ソフトの「おまかせモード」と同じですね。

起動すると下のような画面が表示されます。

vado central

一番上が、元になる動画と静止画の置き場所です。右上の「+」ボタンを押すと静止画が追加出来ます。
その下が音楽の置き場所です。静止画の時と同様に「+」ボタンを押して、mp3 や wav ファイルを追加出来ます。何も指定しない場合は、このソフトのオリジナル曲が入ります。

そして、一番下がスタイルの指定です。
選んで、右側の「プレビュー」ボタンを押すと試した動画が表示されます(画面は汚いですが、仮なので)

動画の構成は、 「オープニングタイトル表示」→「動画」→「クロージングタイトル表示」となっています。
タイトルを表示しないようにしたり、タイトルの文字を変更したい時などは、下のプレビューボタン左横の歯車ボタンを押します。

vado central

見たら解ると思いますので、細かな説明は除きます。

動画の作成ができたら、右下の「保存」ボタンを押します。
すると、パソコン側のフォルダに動画を作成します。
これが非常に時間がかかります。気長にお待ち下さい。
できあがった動画は wmv 形式となっており、他の動画と同様にVado Centralから再生したり、YouTubeへアップロードしたり出来ます。

とりあえず、サンプルに一つYouTubeへ上げてみました。
静止画を一つ加え、「セピア・フリッカー」のスタイルを適用しただけです。

近鉄天王寺 (Vad Central テスト)
(この記事を上げた時点ではまだHD表示できてないです)
(2009/02/09 追記:結局HD表示されませんでした・・・YouTubeは *.wmv ファイルのHD表示はしてくれないようです。カット編集のみした *.avi ファイルはちゃんとHDで表示されました)

初心者でもカット編集ができて、簡単にYouTubeへアップロードできるソフトとして満足度高いです。
これなら、パソコンに詳しくない人にも勧められます。

ただ、DVDへの保存やスタイルの追加などはバージョンアップ版を買わなくてはいけないというのがちょっと残念。

スポンサーサイト
14 : 07 | オーディオ/ビジュアル | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<第5回 日本橋ストリートフェスタ | ホーム | Vado Central の使い方(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://water20.blog2.fc2.com/tb.php/393-3ef17e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2013/04/17 14:37】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。