スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
vado HD で撮った映像の編集
2009 / 02 / 05 ( Thu )
今回は、小型、高解像度カメラ vado HD の画像編集について色々試してみた結果を紹介します。

まず、標準添付ソフトについて。
添付ソフトといっても、CD-ROMなどは付いてきません。vadoの中のフラッシュメモリ内にソフトが入っています。
パソコンにvadoをつなぎ、中に入っている Vado Central.exe を実行すればすぐ使えます。
(初回起動時のみ、コーデックのインストールが行われます)

このソフト(vado Central)に出来るのは、撮影した映像の削除、再生、編集(カットなどは出来ません。タイトル付けたり、あらかじめ用意されているパターンを適用するだけです付属ソフトでカット編集可能でした)、YouTubeへの投稿(事前にアカウントを取得しておく必要有り)です。
撮影してそのままYouTubeへアップロードが気軽に出来るようになっています。
(2009/02/08追記:付属ソフト Vado Central の記事を書きました。簡単な編集ならこれで十分かも)
vado central 1
vado central 2


と、普通の人用の説明はここまで。
ここからは、少し詳しい人向けの映像編集のお話です。

vado HDの記録方式は、AVIコンテナにH.264コーデックの映像と、4bit ADPCM(モノラル)が入るという構成です。
記録モードは、HQ+, HQ, VGAの3種類で、HQ+,HQは 1280x720画素、VGAは640x480画素です。
映像ビットレートはそれぞれ、8Mbps, 4Mbps, 2Mbps、音声ビットレートは177Kbpsで共通です。
フレームレートは 30fpsで共通。テレビ放送などの29.97fpsではありません。

とりあえず、HQ+モードで約20分撮影したファイル(1GB超)を各種映像編集ソフトに読み込ませてみました。

製品名可否動作
VideoStudio 11×ファイルが読み込めない
VideoStudio 12PLUS 体験版×ファイルは読み込めるが、編集しようとするとフリーズ
Adobe Premiere Elemets 7 体験版×ファイルは読み込めるが、編集しようとするとフリーズ
PowerDirector 7 Ultra 体験版×ファイルを読み込む途中で強制終了
LoiLoScope フリー版×ファイルは読み込めるが、編集中に「VRAMが足りません」。(また高解像度での保存には製品版が必要)
Edius Neo 体験版ファイル読み込み、編集、保存、OK。
Vegas Movie Studio 9 Platinum Edition 体験版×映像が無視され音声だけが読み込まれる

私のマシン(Pentium4 3.2GHz, 1GB memory, オンボードグラフィック)のスペックが足りないせいもあるかもしれません。
正常動作しているEdius Neoも、そのまま編集すると重く、ソフト内で変換しないと快適な編集は出来ませんでした。

何故このような結果になるかというと、H.264という圧縮形式があまりにも“重い”せいです。
高圧縮で、綺麗な映像が小さなファイルサイズに収まる素晴らしい圧縮形式なのですが、再生や編集をしようとすると非常に大きなマシンパワーが必要なのです。

私はお金がないので新しいパソコンが買えるわけでもないので、ファイル形式をもっと“軽い”形式に変換してから映像編集ソフトに読み込ませるようにしました。

まず、映像変換ソフト MediaCoder をインストールします。もちろん無料です。
一部Firefoxの機能を使用しているので、先にFirefoxもインストールしておいてください。
インストールすると、「寄付してくれ」などのWEBページが表示されますが無視して下の方にあるボタンを押すと先に進めます(このとき二度と表示させないチェックがあるのでそれも付けておくと尚良し)。

MediaCoderが起動したら、まず言語を日本語にしましょう。
メニューの Options→User Interface LanguageJapanese にします。

ここから本番。変換方式の設定を行います。
今回は、MPEG2に変換してみました。この形式ならどのソフトでも読み込めますから。

「ビデオ」タブをクリックし、映像の設定を行います。
 モード: Bitrate-based 20000 Kbps(←画質を落とさないために最高値にしています)
 形式: MPEG2
 コンテナ: MPEG2
 エンコードダ: ffmpeg
MediaCoder MPEG2 ビデオ

「オーディオ」タブをクリックし、音声の設定を行います。
 エンコーダ: ffmpeg
 オーディオ形式: MP2
MediaCoder MPEG2 オーディオ

「画像」タブをクリックします。
 リサイズ: (チェックを外す)
 クロップ: Disabled
 フレームレート: 30fps
 アスペクト比: 16:9
MediaCoder MPEG2 画像

あとはファイルを読み込んで、上の方にある「Start」ボタンを押すだけです。
完全に元の映像が再現出来る huffyuv という形式もあるのですが、やってみたら20分の映像で28GBぐらいになってしまいました・・・ディスクが有り余っている方はどうぞ(コンテナにAVI,オーディオは「オーディオをコピー」で)。

変換が終わったら作成された *.mpg ファイルを、映像編集ソフトに読みこませ編集するだけです。こんどはちゃんと読み込んで編集出来るはずです。

こうやって編集して、HDV形式(テープ用の形式。中身はMPEG2)で出力したのをYouTubeにアップロードしたのが下記映像です。
大川 2009.02.01 (vado HD TEST)

この方法は、AVCHD形式(これもH.264圧縮)で記録しているハイビジョンカメラのファイルでも使えると思います(未確認)。重くて編集出来ないと悩んでいる方はどうぞ。


おまけ)

これから vado HD を購入しようと思っている方で、自分の環境でファイルの再生、編集ができるか試したい方のために、vado HDの生ファイルを用意しました。
各ページ右下の「Download AVI version」をクリックすると、オリジナルファイルがダウンロード出来ます。

Kyobashi Station, Osaka city (vado HD test)
Kyobashi Station (vado HD test 2)

ではでは。
23 : 28 | オーディオ/ビジュアル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
YouTube動画のダウンロードの仕方(その3)
2009 / 02 / 04 ( Wed )
ここ一年でYouTubeのシステムが大幅に変わって、以前紹介した方法では対応しきれなくなってますね。

変わったのは
「高画質で表示する」(480x360画素のmp4形式)と、
「HDで表示する」(1280x720画素のmp4形式)の二つが追加されたことです。
(アップロードする側としては、アップロード出来るファイルサイズが100MBから1GBに、そして今月から20GBにまで上限が引き上げられました
これからも高画質化は進むでしょうね。

ただ、WEBブラウザのFlashプレーヤー上では非常に負荷が重く、高スペックなPCでないと追加された高画質なファイルを再生出来なく、仕方なく元の綺麗でない画質で見てる方も多いと思います。

今回は、WEBブラウザFirefoxの追加機能を利用してYouTube動画をダウンロードし、動画再生ソフトで直接再生する方法を紹介します。

まず、Firefoxをインストールしてない方は、インストールを行ってください。

次に、動画をダウンロードするアドオン(追加機能)をインストールします。
Firefoxで、Video DowloadHelperへアクセスし、「Firefoxへインストール」をクリックします。
すると、下図のダイアログが表示されるので、「今すぐインストール」ボタンを押します。

Video DownloadHelper Dialog

インストールが終わると下図のダイアログが表示されるので、「Firefoxを再起動」ボタンを押してインストール完了。

Video DownloadHelper Dialog 2

ここからは使い方です。

まず、ダウンロードしたいYouTubeのページを表示します(今回は私の動画を例としてあげてます)
動画が表示されるとFirefoxの左上の赤、青、黄のアイコンがくるくる回っているのに気づくと思います。
その横の下三角印(▼)を押すと、下図のようにリストが表示されます。

Video DownloadHelper Dialog 3

「大阪城公園梅林 2009年2月1日」を選択すると、標準画質のファイル(*.flv形式)がダウンロード出来ます。ファイル保存ダイアログで日本語部分が文字化けしているので適当に名前を付けて保存してください。

次に、映像下の「HDで表示する」をクリックします。
するとHD画質の映像の表示に切り替わるので、表示が始まってから上記と同様に▼ボタンを押してください。
するとリストの一番下に「video.mp4」が表示されるので、これを選択するとHD画質のファイル(*.mp4形式)がダウンロード出来ます。


これで、ダウンロードまでは終わり。
*.flv のファイルは、flvプレーヤーで再生出来ます。
*.mp4 のファイルは、QuickTimeで再生出来るのはずなのですが・・・HD画質のファイルの場合重すぎてまともに再生出来ません(私のPC Pentium4 3.2GHzでは)。

そこで、もっと軽いプレーヤーを使います。
Media Player Classic というプレーヤーです。これならば再生出来るかもしれません。

これでも再生出来ない場合は、シェアウェア(有料のオンラインソフト)のCoreAVCというソフトもあります($7.95)。これは変換のエンジン部分だけで、表示は標準のWindowsMedia Playerで行います。上の方にあるDownload Trialのリンクからお試し版もダウンロードできます。

これでも駄目な場合は・・・別の形式に変換するしかないですね。
YouTubeで使われている mp4 ファイルは H.264 という非常に高圧縮な形式になっています。この高圧縮を展開するのに凄いCPUパワーが必要なのです。
それならば、たとえばMPEG2等のもっと軽い形式に変換すればファイルサイズは大きくなりますが、まともに再生出来るはずです。

変換ソフトも色々あるのですが、わたしは最近 MediaCoder を使うことが多いです。
使い方は・・・長くなってきたので、vado HDの編集の話と合わせて次回に。
では。






00 : 34 | オーディオ/ビジュアル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
vado HD 購入しました
2009 / 02 / 02 ( Mon )
2ヶ月も書かないと、ブログの書き方忘れてしまいますね。
さて、ご多分に漏れず私も不景気なのですが、物欲に負けてまた新しいオモチャを買ってしまいました。

今度のアイテムは、高解像度(HD画質)ビデオカメラです。
名前は vado HD
大きさはクレジットカード大より少し大きく、iPod Classicより少し小さめ。厚みは1cm少々あります。
ぱっと見た目、小さな携帯電話に見えますね。

vado HD

この大きさでHD画質(1280x720画素)の映像が録画出来ます。
取った映像は、裏面にある液晶パネルで見たり、脇に付いているHDMI端子をテレビに繋げて見たり、下部に付いているUSB端子でパソコンと接続してパソコン上で見ることも出来ます。
ちなみに値段は19800円。今のところクリエイティブ社のネット直売のみです。
クリエイティブ社と言えば、昔はサウンドブラスターという音源ボードでよく知られていた会社ですね。

なぜこのカメラが欲しくなったのかというと、最近のYouTubeのHD映像対応が理由です。
HD映像が増えてきて、それを見てたら自分も上げたくなったという・・・こういうのはノリが一番大事ですから(笑)

とりあえず週末大阪城公園近辺で撮影した映像をYouTubeへアップロードしました。
YouTubeへ上げると自動的に再変換されるため元のカメラ映像より画質は落ちています。

(映像下の「HDで表示する」をクリックするとHD画質になります)

高スペックPCでないと、ブラウザ上で見るのは厳しいかな・・・
後でダウンロードして見る方法を書きます。


アメリカではここ数年、このようなPCに接続出来る携帯ビデオカメラが流行っているそうです。
若者が買って気軽に撮影、気軽にYouTubeへアップロードといういわゆる遊びネタとして使っているそうで。
HD画質のものは2万円ぐらいしますが、SD画質(640x480)の物なら安いですからね。
(例えば vado HDの弟分のSD画質カメラ vadoなら9800円で買えます)

日本ではニコニコ動画が流行っていますが、どうも内容が高度すぎて素人は投稿しにくい雰囲気があります。
こういうカメラを使って、もっと気軽に馬鹿なことをやっても良いと思うのですが。

参考)
YouTubeが変えるHD動画のトレンド~ 米国で人気のMP4ポケットムービーが相次いでHD化 ~
199.9ドルのお気楽ハイビジョン、SONY「MHS-CM1」~ ビデオカメラとは別の価値観を産むもの ~


細かいスペックなど少しマニアックな話はまた後日。
ビデオを編集するのに苦労するんですわ、これが。SD画質のものの方が気楽で良いかも。

20 : 40 | オーディオ/ビジュアル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒートテック
2008 / 11 / 25 ( Tue )
コンピューター系のネタばかりになっているので少し違う話題を。

最近、寒くなってきましたね。
上に着込むのもスーツでは限界もあり、昨年から話題になっているユニクロヒートテックを買ってきて試してみました。

ヒートテックというのは、水分を吸収すると発熱し、また保温性も高い材質で出来た下着のことです。
どれぐらい効果があるのか分からなかったので、とりあえずシャツを2枚だけ買ってみて、通勤と屋外でのスポーツ観戦に使用しました。

効果は・・・ありました。
歩いているときなど動いているときはかなり暖かい・・・というより暑い(笑)
発熱より保温性の方の効果が高いみたいです。

じっとしているときは、それほど効果を感じないと思っていたのですが周囲の人が寒い寒いと言っているのを見ると効果あるのかな。
 ただ、シャツの襟のところがちょっとスースーします。着ていない所との温度差が結構あるのかも。

気に入ったので追加のシャツと、これからの寒い時期に備えてハーフタイツも買ってきました。これでこの冬は乗り切るつもり。家の中でも暖房費節約できるし(笑)

ヒートテック


なんかユニクロの宣伝みたいになってしまいましたが、他社も似たような製品を出しています。

イオンが出している「ヒートファクト」がそれで、ユニクロのは東レの素材だったのですが、イオンの方は東洋紡の素材を使用しています。
値段はヒートテックと同じぐらいか、少し値引きしている程度。ただ、イオンだけでなくダイエーでも売っているので入手性はこっちの方が上かな?

ヒートテックを追加で買った後に見つけたのでヒートファクトは買ってないのですが、こちらの方も試してみたいです。

21 : 45 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ubuntu8.10 で Willcom AIR-EDGE
2008 / 11 / 05 ( Wed )
わたしは携帯電話にWillcomAdvanced/W-ZERO3[es]を使っているのですが、この電話、通信モジュールだけとりだしてパソコンの通信用に使用できます。
DELL mini9を買ったついでに、パソコン接続用のユニット?DD?(WS002IN)をオークションにて安価で落札して手に入れました。

前のエントリー
で書いたとおり、mini9はUbuntu専用マシンになっているので今回書くのはUbuntu用の設定方法です。

まず、接続用のソフトウェア gnome-ppp を 「Synapticパッケージマネージャー」を使ってインストールします。
次に、メニューの インターネット→GNOME PPP でgnome-pppを起動します。

gnome-ppp

AIR-EDGEの接続には対応しているプロバイダと契約する必要があるのですが、WillcomはPRINという専用のプロバイダを用意しており契約手続き無しに使用することが出来ます(ただし料金は従量制。1分ごとに料金が加算されます。上限1500円まで)。今回はこのPRINでの設定例です。
あと電話の契約コースによっては通信自体に料金がかかることがあります。十分ご注意を。

プロバイダPRINのアクセスポイントとID,パスワードの設定はこちら
まず上記画面でUsernameとPasswordに「prin」を入力し、PhoneNumberに「0570-570-711##64」を入力します。
次に、Setupボタンを押して、設定ダイアログを開きます。
Deviceに「/dev/ttyUSB0」を入力、Typeを「USB MODEM」、Speedを「115200bps」、そして一番下の「Wait Dial Tone」にチェックをつけます。

gnome-ppp setup1

まだ設定は終わっていません。中程にある「Init Strings...」ボタンを押しモデムの初期化コマンドを入力します。
Init2: AT
Init3: ATE0V1&D2&C1S0=0
Init4: ATX4\V1\X1

この設定は下記サイトを参考にさせていただきました。


モデムの初期化コマンド設定が終わったらダイアログを閉じて、もう少し設定します。
もとの設定ダイアログの「Options」タブを選択して、その中の「Ignore terminal strings (stupid mode)」のチェックをONにします。

gnome-ppp setup3

これでようやく設定終わり。
あとは最初の画面に戻って、「Connect」ボタンを押すだけ・・・のはずだったのですが、なぜかダイアルせずに終了していまいます。

ネットで検索してみると、gnome-pppはダイアルコマンドに L0 という文字列が入っており、これがモデムでエラーになっているそうです。しかも、この文字列プログラムの中に埋め込まれており外すことが出来ません。

どうしようかと思ってたら解決されてる方がおられました。

どう解決しているかというと、電話番号の先頭に一文字削除の制御文字 ^H を4つ並べて問題の文字列を消してしまおうという強引な方法です。これは思いつかなかった(笑)
gnome-pppの設定ファイルは、 /home/xxxx/.wvdial.conf にあります(「.」で始まる隠しファイルです。xxxはログイン名)。これを制御コマンドが入力できるエディタ(viなど)で無理矢理修正します。
やりかたを書くのが面倒なので、できたファイルを置いておきます wvdialconf.txt 。ファイル名を .wvdial.conf に変えて使ってください。

gnome-ppp 3

ようやくこれで準備OK。
Connectボタンを押して接続します。

(2009.03.03 追記)
久々に試してみたら接続できなくなっていました・・・ 原因を探った所、PPP関係の実行、設定ファイルのパーミッション(許可)が一般ユーザー不許可になってました。
アクセサリ→端末 を起動して、下記のコマンドを入力した所動きました(この追記もAIR Edge経由で行っています)

sudo chmod o+x /usr/sbin/pppd
sudo chmod 777 /etc/ppp/pap-secrets
sudo chmod 777 /etc/ppp/peers
sudo chmod 777 /etc/ppp/chap-secrets
(上記コマンドを入力するとパスワードを求められるのでログイン時のパスワードを入れてください)

[2009/03/10追記]
上記設定後、LANに接続出来なくなった場合は、
sudo chmod o-x /usr/sbin/pppd
を実行してみてください。
理由が分からないのですが、LANまで無理矢理 PPP 接続しようとするみたいです。

22 : 36 | コンピュータ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。